[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL WOMEN'S

 


トップ > ニュース一覧 > 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会(予選)ニュース一覧 > 記事

皇后杯全日本女子サッカー選手権大会(予選)ニュース

ラガッツァ、吉祥女子高に6点快勝で2回戦進出

2014年7月3日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選の1回戦、ラガッツァFC(以下、ラガッツァ)対 吉祥女子中学高等学校(以下、吉祥女子高)の試合が29日、品川区・大井ふ頭中央海浜公園で行われ、ラガッツァが前半から効率良く得点を積み重ねて吉祥女子高に6-1で快勝し、2回戦進出を決めた。


■大会方式
第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選。同予選はクラブチーム、大学、高校などの合計25チームによるトーナメント形式で行われ、優勝チームが東京都代表として皇后杯全日本選手権大会関東地区予選への出場権を得る。試合時間は前後半35分ハーフの70分で、交代枠は5名まで。但し、準決勝、3位決定戦、及び決勝戦については試合時間は80分で行われる。競技時間内に勝敗が決まらない場合は、ペナルティーキック方式により次回戦進出チームを決定する。

力の差を見せつけたラガッツァが快勝 吉祥女子高は力及ばず

 昨季、東京都女子サッカーリーグ2部4位のラガッツァと、昨季高校リーグ2部4位の吉祥女子高が対戦。奇しくも昨年似たような成績を残した両チームだが、試合はラガッツァが年長者らしい大人のサッカーで吉祥女子高を開始から圧倒する。

 前半開始3分、ラガッツァは左サイド深くからFW中村がPA内にドリブルで切り込むと、最後はファーサイドのMF久保田がシュート。これは惜しくも枠を外れたが、迎えた10分に右サイドを抜けだしたDF佐藤の思い切りの良いシュートがネットに突き刺さり、早々に先制点を奪う。吉祥女子高は失点直後にFW保田が独力で持ち上がってPA内に侵入するも、シュートまで持ち込めず。その後も保田にボールを集めて打開しようと試みるが、展開力に欠け、試合のペースを握れない。

 すると18分には相手GKからのパスを中盤で奪ったラガッツァのMF乙部が弧を描くようなロングシュートを冷静に決めて追加点。勢いに乗るラガッツァはオープンスペースをシンプルに利用した攻撃でチャンスを演出。終始、試合の流れを掴んだまま前半を終えた。

 迎えた後半、盛り返したい吉祥女子高は4分に敵陣でボールを奪ったMF金子がミドルシュート。ボールは枠の上へ逸れていったが、1点を奪いに行く姿勢を見せる。しかし、直後に試合巧者のラガッツァが早々に追加点を奪う。6分、左サイドからのCKにファーサイドでDF鈴木が合わせ、見事にゴールネットを揺らした。すると、15分にはゴール前でボールを受けた久保田が切り返しからのシュートでゴールを奪い、点差を4点に広げる。

 苦戦が続く吉祥女子高だったが、16分に相手DFラインの隙を突いた久保がフリーで抜け出すと、最後は確実にシュートを叩き込む。前半から攻守両面でチームを牽引した背番号10がラガッツァ相手に一矢報いるが、その2分後、ラガッツァはCKから混戦となり、最後はオウンゴールを誘い、再び4点差。続く20分、ゴール前でFKのチャンスを得ると、DF根立が直接狙ったシュートが見事にネットを揺らしてスコアを6-1とする。わずか6分間で3ゴールを奪う猛攻で試合の大勢を決めたラガッツァ。その後はトーンダウンするも無難に試合を終わらせ、吉祥女子高に快勝。2回戦へと駒を進めた。

◇トーナメント表 - 東京都女子サッカー連盟
第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選

  PAGE TOP

Ad

Ad

  PAGE TOP