[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL WOMEN'S

 


トップ > ニュース一覧 > 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会(予選)ニュース一覧 > 記事

皇后杯全日本女子サッカー選手権大会(予選)ニュース

SOCIOS、試合巧者ぶり見せS世田谷ユースに快勝し準々決勝へ

2014年7月9日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選の2回戦、SOCIOS FC(以下、SOCIOS)対 スフィーダ世田谷ユース(以下、S世田谷ユース)の試合が6日、立川市・自治大学グラウンドで行われ、SOCIOSが効果的に得点を重ねてS世田谷ユースに3-1で勝利し、準々決勝進出を決めた。


■大会方式
第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選。同予選はクラブチーム、大学、高校などの合計25チームによるトーナメント形式で行われ、優勝チームが東京都代表として皇后杯全日本選手権大会関東地区予選への出場権を得る。試合時間は前後半35分ハーフの70分で、交代枠は5名まで。但し、準決勝、3位決定戦、及び決勝戦については試合時間は80分で行われる。競技時間内に勝敗が決まらない場合は、ペナルティーキック方式により次回戦進出チームを決定する。

堅実な守備からペースを掴んだSOCIOS S世田谷ユースに持ち味出させず

 前年度の東京都女子サッカーリーグ1部4位のSOCIOSと同リーグ3位のS世田谷ユース。今年度も上位争いを繰り広げるであろう両チームが早くも2回戦で激突することとなった。

 注目の立ち上がり、主導権を握ったのはS世田谷ユース。両サイドを広く使って相手を押し込むと、ボールロスト後の素早い切り替えで二次攻撃に繋げてゆく。対するSOCIOSは統率の取れた守備でS世田谷ユースの攻撃をブロックすると、スペースを有効に使った攻撃で反撃の機会を伺う。

 ボールは持てども、ゴールが遠いS世田谷ユース。すると、徐々にボール回しが単調になり、サイドに追い込まれては悪い形でボールを奪われ始める。それでも右サイドアタッカーのFW船橋の鋭いクロスなどでチャンスを作るが、惜しくもゴールには繋がらず。すると迎えた22分、SOCIOSは縦に早い攻撃で左サイドで起点を作ると、最後はFW春木のクロスにMF山崎がニアで巧みに合わせて先制ゴール。

 リードを得たSOCIOSは遅攻にも冴えを見せ始め、相手陣内に攻め込むシーンが増加する。一方のS世田谷ユースは突然の失点に浮足立ったのか、攻守において連動性に欠けるプレーが頻発。中盤から前がパスを引き出すのに苦労し、守備ではプレスがかかりきらない厳しい展開。結局前半はこのまま終了し、SOCIOSが1点リードで折り返す。

 迎えた後半、S世田谷ユースは右SBの戸田に変えて、FW安田を投入。攻撃的な布陣に変更することで得点を奪いにいく姿勢を見せる。すると開始早々の2分、FW青木が右サイドからカットインすると、遠目の位置から思い切りよくシュート。これが見事な軌道を描いてネットを揺らし、早くも同点に追いつく。

 その後は勢いづいたS世田谷ユースが押し込む展開となるも、相手の粘り強い守備の前に逆転ゴールが奪えない。一方、SOCIOSは我慢の時間が続いたが、9分に相手DFラインの裏に抜け出したMF古林が右サイドでCKを獲得すると、このチャンスにファーサイドでDF野牧がヘディングシュート。渾身の一撃は惜しくもバーに阻まれるが、その後もロングボールを有効に使った攻めで好機を作り出す。

 15分、カウンターからMF新保が右サイドを抜け出すと、中央に切れ込んでシュート。すると、こぼれ球に反応した山崎がネットを揺らす。これは残念ながらオフサイドの判定でゴールとはならなかったが、続く22分に再び右サイドで起点を作ると、DF新井のクロスにファーサイドで合わせたのは左SBの仲田。打点の高いヘディングシュートが見事に突き刺さり、SOCIOSが勝ち越しに成功する。

 押し込んだ時間帯に逆転の1点を奪えなかったS世田谷ユース。隙を突かれる形で失点すると、その後は得意とするテンポの良いパスワークが鳴りを潜め、単調な前線へのロングボールやサイドからのクロスが頻発。悪い流れを断ち切れないでいると、迎えた28分にSOCIOSが再び牙を剥く。またも右サイドを起点に攻め込むと、新保のクロスを中央で受けた春木が粘ってシュート。これは相手DFに防がれるも、こぼれ球をMF鈴木が詰めて、勝利を大きく引き寄せる3点目を決める。

 なんとか一矢報いたいS世田谷ユースだが、最後まで歯車が噛み合わぬまま。終了間際に得たFKのチャンスでMF紅野が遠目の位置から狙い澄ましたシュートもバーに直撃と運も引き寄せられず、試合終了のホイッスル。効果的に得点を積み重ねたSOCIOSがS世田谷ユースに競り勝ち、準々決勝進出を決めた。

 勝利したSOCIOSは13日に武蔵村山市・真如苑芝生ひろばにて、南葛SCウイングスと準決勝進出を懸けて対戦する。

◇トーナメント表 - 東京都女子サッカー連盟
第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選

  PAGE TOP

Ad

Ad

  PAGE TOP